【医師監修】プロペシアの副作用の可能性や種類について徹底解説!

2019.06.14 更新
関連タグ:
新宿AGAメディカルケアクリニック
新宿駅西口から徒歩5分あります。一人一人の患者様に合った最適な治療を完全主治医制や、テーラーメイドの治療戦略や完全返金保証など行なっています。

プロペシアは男性型脱毛症の治療薬として多くの男性型脱毛症治療専門のクリニックで処方されています。

ただプロペシアも医薬品である以上、副作用のリスクを伴います。

では、プロペシアにはどのような副作用があるのでしょうか。

また男性型脱毛症の改善にプロペシアを利用したい場合、どうすればよいのでしょうか。

— 目次 —

そもそもプロペシアって何?


プロペシアの副作用について解説する前に、そもそもプロペシアとは何なのかについて知っておきましょう。

それによって副作用のリスクと医薬品の効果を天秤にかけることが可能となります。

プロペシアはAGA治療薬

プロペシアはひとことで言うとAGA治療薬です。

AGAとは「Androgenetic Alopecia」の頭文字を取ったもので、直訳すると男性ホルモン由来の脱毛症となりますが、日本では男性型脱毛症と呼んでいます。

男性型脱毛症は思春期以降に見られる進行型の脱毛症と定義されており、いったん発症したら、何らかの措置を講じない限り徐々に、かつ確実に進行していきます

プロペシアは5α-リダクターゼの働きを阻害します

男性に多く見られる男性型脱毛症(AGA)ですが、そのリスクファクターとしてTGF-βと呼ばれる有害なサイトカインの一種があげられています。

TGF-βは退行期誘発因子とも呼ばれており、その働きによって髪の毛の成長期が短縮され、髪の毛が成長しきらないうちに抜け落ちてしまいます。

そのような毛穴が増えることによって、男性型脱毛症が進行するという訳なのです。

TGF-βは男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンが、男性ホルモン受容器であるアンドロゲンレセプターと結合することで産生されます。

ジヒドロテストステロンは男性ホルモンであるテストステロンが強力化したものです。

そして、その強力化を助けるのが5α-リダクターゼと呼ばれる酵素です。

つまり、5α-リダクターゼの働きを阻害できれば、抜け毛のリスクファクターであるTGF-βは産生されない訳です。

プロペシアには5α-リダクターゼの働きを阻害する働きがあるため、男性型脱毛症の治療薬として用いられているのです。

発毛効果よりは抜け毛予防効果が期待される

プロペシアは男性型脱毛症治療を専門とするクリニックでよく処方されますが、どちらかというと現状を維持したい人向けの医薬品となっています。

積極的に発毛を促進した場合、他の発毛に特化した医薬品が処方されます。

ポイント✔︎AGA治療は5αリダクターゼを阻害することが重要

✔︎プロペシアは5αリダクターゼ阻害薬

✔︎抜け毛を防ぐ働きがある

気になるプロペシアの副作用について


プロペシアには5α-リダクターゼの働きを阻害し、抜け毛のリスクファクターであるTGF-βの産生を抑制する働きがあります。

それによってAGAの進行を遅らせることが可能なのですが、プロペシアも医薬品である以上、副作用のリスクを伴います。

ではどのような副作用があるのでしょうか。

プロペシアの服用で男性機能に副作用が出るかも・・

プロペシアの副作用としては、男性機能の低下があげられています。

プロペシアには有効成分としてフィナステリドが含まれています。

フィナステリドは厚生労働省によって「抜け毛予防効果がある」と認められた成分です。

フィナステリドの他に抜け毛予防効果を認められている成分はほかにデュタステリドがあるだけです。

フィナステリドはそもそも、男性に見られる前立腺肥大症の治療薬として開発されました。

ところが、フィナステリドを用いて前立腺肥大の治療をおこなっている人に抜け毛予防が見られたことから、低用量のフィナステリド錠であるプロペシアが開発されたのです。

前立腺の治療に用いられていたことからも分かるように、フィナステリドには男性機能に働きかける作用があります。

そのため、プロペシアを服用した人の一部に、勃起機能不全や性欲の減少といった男性機能の低下が見られるのです。

国内のプロペシア販売元であるMSD株式会社の調査によると、臨床試験の段階でプロペシアを服用した人の1.1%に性欲の減少が見られ、0.7%に勃起機能不全が見られたということです。

またMSD株式会社では、プロペシアの販売後も副作用の調査をおこなっています。

それによると943例中2例(0.2%)に性欲の減少が見られたということです。

プロペシアの服用で肝臓器官にも副作用が出るかも・・

プロペシアの重大な副作用としては、肝機能障害もあげられています。

実際にプロペシアを服用した人のうち0.2%に肝機能障害が見られたということです。

ただ国内での発症例は報告されていないということです。

肝臓に負担をかけるのはなにもプロペシアに限ったことではありません。

およそ医薬品は肝臓に負担をかけるものです。

なぜなら、肝臓が人体における解毒装置だからです。

医薬品は効果という点だけを見ればメリットとなりますが、恩恵を受ける部位以外にとっては害悪でしかありません。

そのため肝臓で代謝され、解毒がおこなわれるわけです。

プロペシア以外にも薬を服用していれば肝機能障害のリスクが高くなりますし、アルコールを日頃から摂取していればやはり肝機能障害のリスクが高まります。

いずれにせよ、プロペシアを服用する場合、医師の指導を仰ぎ定期的な採血検査をすることが重要です。

【注意】プロペシアは女性の方の使用禁止です!

プロペシアは男性型脱毛症の治療薬であり、原則として女性の使用は禁忌とされています。

特に男児を身籠っている女性がプロペシアを誤飲すると、男児の外生殖器の発育に悪影響を及ぼします

プロペシアの有効成分であるフィナステリドには、5α-リダクターゼの働きを阻害して、男性ホルモンであるテストステロンがジヒドロテストステロンへと変化するのを抑制します。

ただジヒドロテストステロンは男児の外生殖器の発育にとって欠かすことのできないホルモンです。

医師によってはプロペシアの服用はおろか、触れることすら禁じているケースもあります。

もしパートナーが妊娠しているような場合、プロペシアの扱いには細心の注意を払いましょう。

ポイント✔︎男性機能障害がみられるかもしれない

✔︎プロペシアに限らず、薬剤は肝臓に負担をかける

✔︎女性の方は使用禁止

もしもプロペシアを服用していて副作用が出た場合・・・


プロペシアを服用していてもし副作用が現れた場合、速やかに専門のクリニックを受診するようにしてください

基本的にプロペシアはAGA専門のクリニックや病院で処方されるものなので、処方してもらったクリニックや病院を受診するとよいでしょう。

ただプロペシアは国内での特許期間を終えており、さまざまなジェネリックが販売されています。

また海外製の安価なジェネリックも通信販売で購入できるようになっています。

医師の処方を受けず、そのような安価なジェネリックを服用した場合、副作用に関しても自己責任となりますが、やはり副作用が現れた場合、服用した医薬品を携行した上でクリニックや病院を受診しましょう。

また、海外ではポストフィナステリド症候群といって、プロペシアのようなフィナステリド錠の服用をやめてしばらく経ってから、プロペシアの副作用のような症状が現れるケースも報告されています。

もしプロペシアの副作用をやめてしばらく経ってから、プロペシアの副作用のような症状が現れたら、やはり専門のクリニックや病院に相談しましょう。

ポイント✔︎副作用が現れたら直ちにクリニックを受診する

✔︎海外製のジェネリックに注意

✔︎医師の診察を受けた上でAGA治療をするべき

プロペシアを服用したい方へ・・


プロペシアも医薬品である以上、副作用のリスクから逃れることはできません。

ただ調査によるとプロペシアの服用によって副作用が出るケースはごくわずかですし、医師の指導下でプロペシアを服用していれば、それほど心配することはありません

重要なのは「医師の指導下で」プロペシアを服用するということです。

AGA専門の治療院では、定期的に血液検査をおこない、プロペシアが身体に悪影響を及ぼしていないかチェックしています。

そのため、もしプロペシアを服用を検討中であれば、AGA治療専門のクリニックを受診するのが一番です。

皮膚科でも治療薬の処方自体は行っていますが、治療のAGA治療専門のクリニックの方が、治療のレパートリーが豊富ですし、症例もたくさん持っています。

当院の場合、プロペシア(純正品)を3,300円から処方することができます。

また、患者様の予算に応じた、オーダーメイドの治療も行っています。

まずは、お気軽にご相談ください。

無料カウンセリングはこちら

まとめ


プロペシアはAGA治療薬としてパイオニア的存在であるため、多くの人が服用してAGA治療に取り組んでいます。

多くの人が服用しているということは、それだけたくさんのデータがあるということです。

AGAは進行型の脱毛症なので、放っておくと確実に進行します。

当院では、最新のチェック機器を用いて、患者様に最適の治療法を提案させていただきます。

診察やカウンセリングはいつでも無料で受けられますので、少しでもご興味のある方は下のボタンから予約してみてください!

お問い合わせ
無料でカウンセリング受付中

この記事に関連する記事