【医師監修】AGAの治療効果について徹底解説|副作用と治療法も紹介

2019.08.01 更新
関連タグ:
新宿AGAメディカルケアクリニック
新宿駅西口から徒歩5分あります。一人一人の患者様に合った最適な治療を完全主治医制や、テーラーメイドの治療戦略や完全返金保証など行なっています。

AGAは病院やクリニックで治療できる時代になっていますが、どのような治療法があり、どんな効果が期待されているのでしょう。

また治療にともなう副作用はあるのでしょうか。

今回はAGA治療の効果や副作用について徹底解説するとともに、効果的にAGAを改善するための方法も紹介したいと思います。

— 目次 —

そもそもAGAとはどんな症状?

AGA治療薬の効果や副作用について解説する前に、まずはAGAとはなんなのかについて、簡単に紹介しておきたいと思います。

男性型脱毛症

AGA(エージーエー)は、英語の「Androgenetic Alopecia」の頭文字を取ったもので、日本では男性型脱毛症と呼ばれています。

AGAの特徴

日本皮膚科学会の策定する「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」によると、男性型脱毛症には、思春期以降にみられ、徐々に進行するという特徴があります。

また全体的に髪の毛が抜けるのではなく、頭部のてっぺんや、前頭部の生え際の毛髪が薄くなるという特徴もあります。

そのため、AGAを発症したら、なるべく早めに対策を講じることが重要です。

時間の経過とともにAGAは着々と進行するので、速やかに医師の診断を受けましょう。

症状をくいとめるためにも、早めに状態を確認してもらうことが重要です。

早期に治療を開始することで、長きにわたって豊かな毛量を保てます。

AGAの原因

AGAの主な原因としては、5α-リダクターゼの活発度と、アンドロゲンレセプター(男性ホルモン受容器)の感受性があげられています。

AGAによる抜け毛のリスクファクターが、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロン(DHT)です。

ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンであるテストステロンがより強力化したものです。

このジヒドロテストステロンが男性ホルモン受容器であるアンドロゲンレセプターと結合することで、ヘアサイクルを乱し、抜け毛を引き起こす有害なサイトカインが産生されるのです。

テストステロンが強力化する際に、触媒としての働きをするのが5α-リダクターゼと呼ばれる酵素の一種です。

そのため、遺伝的に5α-リダクターゼが活発に働く遺伝子を持っている場合、AGAを発症するリスクが高くなります。

また、遺伝的にアンドロゲンレセプターの感受性が高い場合、ジヒドロテストステロンと結合しやすくなるため、やはりAGAを発症するリスクが高まります。

ポイント

✔AGAは男性型脱毛症のこと

✔AGAの特徴は進行型であること

✔AGAのリスクファクターはジヒドロテストステロンと呼ばれる男性ホルモンの一種

AGAの治療法を解説します

AGAを治療する際には投薬治療をおこなうのが一般的ですが、当院のようなAGA治療専門クリニックでは、注入療法やシャンプー薬を利用した治療もおこなっています。

投薬治療

AGAの治療法としてもっともポピュラーなのが投薬治療です。

多くの病院やクリニックで以下のような治療薬を用いてAGAの改善を図っています。

プロペシア

プロペシアはAGA治療薬のパイオニアともいえる存在で、日本では2005年の12月から販売が開始されています。

プロペシアには有効成分としてフィナステリドが配合されています。

フィナステリドには、5α-リダクターゼの働きを阻害する効果があり、ジヒドロテストステロンの産生を抑止します。

ジヒドロテストステロンの産生が抑止されれば、抜け毛の原因となる有害なサイトカインも産生されなくなるため、抜け毛を予防することが可能となるのです。

プロペシアは国内での特許期間を終えているため、ジェネリック医薬品も多数開発されています。

そのため、料金が安いというメリットがあります。

ザガーロ

ザガーロは2016年の6月に販売が開始された、比較的新しいAGA治療薬です。

プロペシアよりも高い発毛効果があることから、薄毛の悩みがある男性にとって明るい材料となっています。

ザガーロの有効成分はデュタステリドですが、デュタステリドにもフィナステリド同様、5α-リダクターゼの働きを阻害する効果があります。

実は、5α-リダクターゼには1型と2型の2種類があるのですが、デュタステリドが2型の5α-リダクターゼの働きを阻害する効果は、フィナステリドの3倍とされています。

また、1型の5α-リダクターゼの働きを阻害する効果に至っては、フィナステリドの100倍以上あるとされています。

そのため、ザガーロにはプロペシアよりも高い発毛効果が期待されているのです。

実際に、ザガーロを継続的に服用した場合、プロペシアを継続的に服用した場合と比べ、1.6倍の発毛効果が期待できるということです。

ミノキシジル

ミノキシジルは、フィナステリドやデュタステリドと並んで、厚生労働省によって発毛効果が認められている、数少ない有効成分の1つです。

血管を拡張し、血行を促進する働きがあります。

それによって頭皮の栄養状態を改善し、発毛に適した環境を整えるのです。

注入療法

当院のようなAGA治療専門のクリニックでは、注入療法もおこない、より高い発毛効果を実現しています。

当院でおこなっている注入療法は「メディカルケア発毛メソセラピー」と呼ばれる治療法です。

頭皮下に直接、髪の毛の成長因子(グロースファクター)を注入し、毛包部にある毛母細胞の分裂を活発化させることで、多くの方に高い発毛効果を実感して頂いています。

シャンプー薬

AGAを改善するためには、クリニックで治療を受けることも大事ですが、自宅で頭皮ケアをおこなうことも必要です。

そのため、当院ではオリジナルのシャンプー薬を開発し、自宅でのヘアケアをサポートしています。

市販のシャンプーには髪の毛や頭皮にとって有害な成分が多く含まれており、ヘアケアのつもりが、かえって頭皮環境に悪影響を及ぼしているケースもあります。

当院が開発したシャンプー薬には、合成界面活性剤やパラベン、鉱物油やアルコール、合成香料といった有害な成分が含まれていないので、安心してヘアケアをして頂けます。

また、ケトコナゾールという抗真菌剤を配合していますので、発毛効果や脂漏性皮膚炎に対する治療効果も期待できます。

ポイント

✔AGAは投薬治療が一般的

✔専門のクリニックではメソセラピーをおこなうこともある

✔AGAの改善には自宅でのヘアケアも重要

AGA治療薬の副作用

それでは次に、AGA治療薬の副作用について見ていきたいと思います。

安全にAGA治療をおこなうためにも、AGA治療薬のメリットだけでなく、デメリットも知っておくことが重要です。

男性機能の低下

プロペシアとザガーロには、男性機能の低下という副作用があります。

それほど頻度は高くありませんが、勃起機能不全や性欲の減退を訴える方がいます。

頭皮のかゆみ

塗り薬タイプのミノキシジルにはほとんど副作用がないのですが、人によっては頭皮のかゆみや赤みを訴えるケースもあります。

心臓への負担

内服タイプのミノキシジルには、心臓への負担を増すという副作用があります。

もともとミノキシジルは高血圧の治療薬として用いられていました。

なぜなら、ミノキシジルには血管を拡張する効果があるからです。

現在では血圧をより下げる作用の強いお薬がありますので、高血圧の治療薬として用いられることはありません。

AGA治療に用いる際も、医師の指導下で慎重に服用することが肝心です。

また、ミノキシジルを自分で海外から輸入したり、個人輸入代理店から購入したりする人もいますが、副作用が起こった場合、自己責任となるので注意が必要です。

肝機能障害

プロペシアやザガーロには肝機能障害のリスクもあります。

ただ、元々肝障害がある方は注意が必要ですが、発症頻度は高くはありません。

ポイント

✔プロペシアやザガーロには男性機能低下のリスクがある

✔内服タイプのミノキシジルには心臓への負担を増す可能性がある

✔頻度は低いが肝機能障害のリスクもある

効果的にAGAを改善する方法

AGAを効果的に改善したいのであれば、正しいヘアケアをおこなったり、健康的な毎日を過ごしたりするのがおすすめです。

正しいヘアケアをおこなう

市販のシャンプーを使用して、ゴシゴシ頭皮を洗っていると、頭皮環境が悪化します。

アミノ酸系のシャンプーや当院のシャンプー薬を用いて、優しくヘアケアしましょう。

健康的な毎日を過ごす

AGAの原因を詳しく見てみると、生活習慣病の原因と重なるものが多いです。

例えば血行不良やストレス、睡眠不足や食習慣などがそれにあたります。

そのため、AGAを改善するためにも健康的に毎日を過ごすことが重要です。

ポイント

✔AGAを改善するためには正しいヘアケアが重要

✔頭皮を洗うときにはゴシゴシ擦らない

✔AGAを改善するには健康的に毎日を過ごすことも欠かせない

AGA治療専門クリニックをおすすめする理由

AGAを改善する方法はいろいろありますが、AGA治療専門クリニックを受診するのがおすすめです。

ではなぜAGA治療専門クリニックを受診するのがおすすめなのでしょう。

実績があるから

AGA治療専門クリニックは、皮膚科や形成外科とは異なり、AGA治療のみに特化しています。

そのため、多くの研究結果や発症実績を持っているのです。

細やかなケアが可能だから

皮膚科や形成外科では抜け毛予防の治療をおこなうだけですが、当院ではその他の治療法だけでなく、生活習慣のアドバイスなどもおこなっています。

通院しやすいから

全国のAGA治療専門クリニックの多くが、ターミナルステーションから徒歩数分圏内にあり、患者さんが通院しやすいというメリットがあります。

当院は世界でももっとも乗降客者数の多い新宿にあり、多くの路線が乗り入れています。

どの路線からもあるいて5分圏内なので、来院しやすいと喜ばれています。

ポイント

✔AGA治療専門クリニックには多数の実績がある

✔AGA治療専門クリニックでは治療だけでなくさまざまなアドバイスが受けられる

✔AGA治療専門クリニックは通いやすいところにある

まとめ

AGAの原因や進行度は人それぞれなので、1人1人にあった治療法を選定することが重要です。

当院では血液検査やマイクロスコープを用いた検査をおこない、オーダーメイド治療を提案しています。

医師による診察は初回だけでなく何度でも無料ですし、再診料も頂いておりません。

カウンセリングも無料で受けて頂けます。

AGAは保険診療の対象外となっているため、治療にかかる費用や期間、その他の心配事など、なんでもお気軽にご質問・ご相談ください。

お問い合わせ
無料でカウンセリング受付中

この記事に関連する記事