【医師監修】若ハゲの原因と対策・予防策について徹底解説!20〜30代の方は必見です!

2019.06.14 更新
関連タグ:
新宿AGAメディカルケアクリニック
新宿駅西口から徒歩5分あります。一人一人の患者様に合った最適な治療を完全主治医制や、テーラーメイドの治療戦略や完全返金保証など行なっています。

若ハゲに悩まされている人はたくさんいますが、現在では若ハゲを病院や皮膚科、専門クリニックで治療ができることをご存知でしょうか。

今回の記事では若ハゲの原因や予防法、対処法などについて解説するので、是非参考にしてみてください。

— 目次 —

若ハゲの原因とは・・


若ハゲの治療法や予防法について理解するためには、そもそもなぜ若ハゲになるのかを知っておく必要があります。

若ハゲになる原因としては、以下のようなことがあげられています。

若ハゲの原因その1・ヘアサイクルの乱れ

若ハゲの原因としては、ヘアサイクルの乱れがあげられます。

ヘアサイクルとは、髪の毛が生えてから抜け落ちるまでの周期を意味します。

通常、ヘアサイクルは4年から6年周期となっており、その大部分(85%から90%)が髪の毛の成長期となっています。

髪の毛の成長期が終わると、やがて退行期・休止期へと移行し、髪の毛が抜けおちます。

ただヘアサイクルが正常に推移している場合、髪の毛が抜けおちる頃には、新しい髪の毛が生えてきています。

言い方を変えると、新しい髪の毛に押し出されるようにして、古くなった髪の毛が抜けおちるという訳です。

ところが、ヘアサイクルに乱れが生じると、髪の毛の成長期が短縮されてしまいます。

そうなると、髪の毛が抜けおちることになっても、新たな髪の毛が生えていないという事態になるのです。

人間の髪の毛はおよそ10万本あるとされており、それぞれにヘアサイクルが異なっています。

そのため、ヘアサイクルの乱れた毛穴が増えれば増えるほど、若ハゲのリスクも高くなるのです。

ヘアサイクルが乱れるリスクファクターとして、「TGF-β」と呼ばれる有害なサイトカインの存在があげられています。

TGF-βは退行期誘発因子とも言われ、髪の毛の成長期を短縮する働きをします。

TGF-βは男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンが、アンドロゲンレセプターと呼ばれる男性ホルモン受容器と結合することで産生されます。

ジヒドロテストステロンは男性ホルモンであるテストステロンがより強力になったもので、その産生にあたって触媒としての働きをするのが、5α-リダクターゼと呼ばれる酵素です。

そのため、遺伝的に5α-リダクターゼの働きが活発な人や、アンドロゲンレセプターの感受性が高い人は、若ハゲになるリスクが高いのです。

若ハゲの原因その2・ストレス

ストレスも若ハゲの原因となります。

人間の体は自律神経の働きによって支配されていますが、ストレス状態が昂じると交感神経優位の状態になります。

交感神経が優位になると、血管が収縮して血行を阻害します。

血液は全身に酸素と栄養、白血球などを運んでいます。

髪の毛は毛母細胞が分裂することで成長しますが、そのためには血液が必要となります。

ストレス状態の継続によって血行が悪くなれば、髪の毛を成長させるための栄養が足りなくなるのです。

また頭皮の栄養状態が悪化すれば、髪の毛が正常に育つ土壌を整えられなくなり、やはり若ハゲのリスクが高くなります。

若ハゲの原因その3・生活習慣

生活習慣によって若ハゲのリスクが高くなるケースもあります。

たとえば運動不足によって血行が悪くなれば、ヘアサイクルの乱れを引き起こす可能性が高くなります。

また脂っこい食べ物やジャンクフードなどを好んで食べていると、動脈硬化のリスクが高くなり、若ハゲのリスクファクターとなります。

ポイント✔︎ヘアサイクルの乱れが若ハゲの原因

✔︎ストレスによる血管収縮に注意

✔︎生活習慣の乱れにより薄毛になる可能性もある

若ハゲを対策/予防するには・・


若ハゲは基本的に進行性であるため、早めの予防・対策が必要となります。

では、若ハゲを予防・対策するためにはどうしたらよいのでしょう。

AGA・薄毛治療薬で服用する

若ハゲはAGA(Androgenetic Alopecia:男性型脱毛症)の一種です。

若ハゲという病名があるわけではなく、若い人に見られるAGAのことを特に若ハゲと呼んでいるだけのことです。

日本皮膚科学会の策定する「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」によると、AGAは思春期以降に見られる進行型の脱毛症という風に定義されています。

つまり、10代の後半であっても脱毛症を発症する可能性があるという訳です。

若ハゲに対する対処法としては、AGA治療専門のクリニックで治療薬を処方してもらう方法が一般的です。

例えば当院の場合、オリジナルの発毛薬や発毛外用薬、シャンプー薬などを用いた発毛治療をおこなっています。

発毛薬には抜け毛のリスクファクターである5α-リダクターゼの働きを阻害する成分が含まれており、抜け毛の原因となるTGF-βの産生を抑制してくれます。

メソセラピーで治療してみる

若ハゲへの対処法としては、メソセラピーという手もあります。

メソセラピーとは皮下に有効成分を直接注入する治療法のことで、頭皮へ行うメソセラピーのことを特に、毛髪再生メソセラピーなどと呼んでいます。

頭皮下に髪の毛の成長にとって必要なグロースファクター(成長因子)を直接注入し、毛髪の再生を促します

当院でもメソセラピーをおこなっており、良好な発毛効果が得られます。

育毛剤を使用してみる

若ハゲの程度がそれほど深刻でない場合や、将来の薄毛を予防したい場合などは、育毛剤の利用もおすすめです。

育毛剤には髪の毛を育む(はぐくむ)のに有効な成分が含まれており、髪の毛を強く育てたり、頭皮環境を整えたりする効果が期待できます。

薄毛シャンプーで頭皮環境を整える

薬用シャンプーなどの薄毛シャンプーを用いて頭皮環境を改善すれば、髪の毛が生える土壌を整えることができます。

市販のシャンプーは頭皮への刺激が強いので、抜け毛が気になったら薄毛シャンプーを試してみるもの良いでしょう。

植毛施術をする

育毛剤はもちろんのこと、発毛剤でも対処ができないという場合、自毛植毛をおこなうという手もあります。

自毛植毛は後頭部の頭皮を毛根ごと、気になる場所に移植する手術療法です。

ポイント✔︎10代後半でも薄毛になる可能性がある

✔︎直接成長因子を注入するメソセラピーが効果的

✔︎刺激の強い市販のシャンプーに注意

若ハゲの治療費っていくらかかるの?


若ハゲをはじめとしたAGAの治療には保険が適用されません。

そのため、治療費はクリニックによって異なっています。

AGAによる若ハゲの場合、治療開始が早ければ早いほど、若ければ若いほど、より良い治療効果が期待できますので、最終的な治療費は安く済むケースが多くなります。

当院では、無料の診察・カウンセリングを行っていますし、初診料や血液検査代も掛かりませんので、まずは診察だけでもお気軽にお問い合わせください。

無料カウンセリングはこちら

まとめ


若ハゲを含むAGAは進行型の脱毛症であるため、何らかの対処をしないと徐々に、かつ確実に進行してしまいます。

髪の毛を洗ったあと、排水溝に詰まる髪の毛の量が増えていたら要注意です。

まずは専門医に頭皮や毛髪の状態をチェックしてもらうことが重要です。

当院では無料で診察やカウンセリングが受けられますので、気になる方は一度相談してみてください。

お問い合わせ
無料でカウンセリング受付中

この記事に関連する記事