【医師監修】フィナステリドの副作用の可能性と種類について解説

2019.08.01 更新
関連タグ:
新宿AGAメディカルケアクリニック
新宿駅西口から徒歩5分あります。一人一人の患者様に合った最適な治療を完全主治医制や、テーラーメイドの治療戦略や完全返金保証など行なっています。

フィナステリドは、厚生労働省によって発毛効果を認められている、数少ない成分のうちの1つです。

では、フィナステリドにはどのような効果があり、どんな副作用があるのでしょう。

今回はフィナステリドの特徴について解説するとともに、副作用のリスクや服用する際の注意点などに関しても紹介したいと思います。

— 目次 —

フィナステリドとは?

フィナステリドの副作用について解説する前に、そもそもフィナステリドとは何なのかについて見ていきたいと思います。

AGA治療薬の有効成分の1つ

フィナステリドはAGA(男性型脱毛症)の治療薬に含まれている有効成分の1つです。

厚生労働省によって抜け毛予防や発毛効果を認められている有効成分は、フィナステリドとデュタステリド、ミノキシジルの3つだけです。

フィナステリドの効果

フィナステリドには、ジヒドロテストステロンの産生を抑制し、抜け毛を予防する効果があります。

ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンであるテストステロンが強力になったもので、アンドロゲンレセプターと呼ばれる男性ホルモン受容器と結合し、抜け毛の原因となる有害なサイトカインを産生します。

テストステロンがジヒドロテストステロンへと変化する際に、触媒としての役目を果たすのが、5α-リダクターゼと呼ばれる酵素の一種です。

フィナステリドには5α-リダクターゼの働きを阻害する効果があるため、抜け毛のリスクファクターであるジヒドロテストステロンの産生を抑止し、抜け毛を予防できるのです。

フィナステリドを配合している治療薬

フィナステリドを配合している代表的なAGA治療薬がプロペシアです。

プロペシアは2005年の暮れに販売された、AGA治療薬のパイオニアです。

ただプロペシアの国内での特許期間は終わっているため、製薬会社各社からジェネリック(後発医薬品)が販売されています。

また、AGA治療専門のクリニックでも、独自にフィナステリドのジェネリックを開発している所があります。

ポイント

✔フィナステリドはAGA治療薬に含まれる成分の1つ

✔フィナステリドには5α-リダクターゼの働きを阻害する効果がある

✔フィナステリドを配合している代表的なAGA治療薬はプロペシア

フィナステリドの副作用

それでは今回のメインテーマでもある、フィナステリドの副作用について見ていきたいと思います。

フィナステリドの副作用はそれほど頻度が高くありませんが、一応知っておいた方がよいでしょう。

男性機能の低下

フィナステリドの代表的な副作用が、男性機能の低下です。

フィナステリドを服用した人の中には、勃起機能不全や性欲の減退、オーガニズム障害を訴える人がいます。

肝機能障害

フィナステリドを配合した代表的なAGA治療薬であるプロペシアの添付文書には、重大な副作用として肝機能障害の可能性が表記されています。

ただし、フィナステリドに限らず、化学的に製造された有効成分には必ず肝機能障害のリスクがともないます。

なぜなら、肝臓で医薬品の有効成分が代謝されるからです。

ポストフィナステリド症候群

2010年代になって、ポストフィナステリド症候群と呼ばれる副作用の一種が知られるようになってきました。

フィナステリド錠の服用をやめてからも、フィナステリドの副作用に似た症状を呈するのが、ポストフィナステリド症候群の特徴です。

またフィナステリド錠の服用をやめてしばらく経ってから、フィナステリドの副作用が現れるようなケースもあるということです。

ポストフィナステリド症候群の原因については、いまだにハッキリとしたことが分かっていません。

一説によると、ホルモンバランスの変化が原因とされています。

フィナステリド錠を服用すると、体内のジヒドロテストステロンの量が減少し、相対的にテストステロンの量が増えることとなります。

テストステロンの量が増えると、脳から「テストステロンを作らなくて良い」という指令が出ます。

フィナステリド錠の服用をやめると再びジヒドロテストステロンの量が増えます。

そこで本来なら、脳から再び「テストステロンを作るように」という指令が出るはずなのですが、一部の人にそのような指令が起こらないことで、ポストフィナステリド症候群を発症すると考えられているのです。

ポイント

✔フィナステリドの代表的な副作用は男性機能の低下

✔フィナステリドには肝機能障害のリスクがあるが国内での発症例はない

✔最近になってポストフィナステリド症候群と呼ばれる副作用のあることが分かってきた

フィナステリド錠を服用する際の注意点

フィナステリド錠を服用する際にはいくつかの注意点があります。

副作用のリスクを下げるためにも、フィナステリド錠は正しく服用しましょう。

決められた時間に服用する

フィナステリド錠は原則として1日に1錠服用します。

そのため、いつも同じ時間にフィナステリド錠を服用するとよいでしょう。

一般的な医薬品と異なり、フィナステリド錠は食前に服用しても、食後に服用してもその効果に差異は生じません。

ただ、飲み忘れを防ぐために、晩ご飯の後に服用するなど、ルールを決めておくとよいでしょう。

子作りを検討している際は控える

フィナステリド錠には頻度が高くないとはいえ、男性機能低下という副作用があります。

そのため、これから子作りを検討している方は、しばらくの間控えた方がよいでしょう。

ちなみに、フィナステリドを服用しているからといって、胎児に悪影響を与えるようなことはありません。

女性が触れないように気をつける

フィナステリドは男性ホルモンに作用する医薬品なので、原則として女性の服用は禁止されています。

そのため、誤飲しないように注意が必要です。

また、男児を妊娠している女性がフィナステリド錠に触れてしまうと、有効成分が皮膚を介して体内に吸収されてしまいます。

フィナステリドにはジヒドロテストステロンの産生を抑止する働きがありますが、ジヒドロテストステロンは男児の外生殖器の発達に欠かすことができないホルモンです。

そのため、妊婦さんがフィナステリド錠に触れないよう注意しましょう。

医師の指導下で服用する

フィナステリド錠を服用する際には、医師の指導を仰ぐことも重要です。

基本的にAGAの治療は長期にわたるものです。

そのため、治療効果や体調変化を見極め、フィナステリド錠を処方することが重要となります。

ポイント

✔フィナステリド錠は1日に1回決まった時間に服用する

✔フィナステリド錠は女性の手の触れない場所で管理する

✔フィナステリド錠は医師の指導下で服用すべき

フィナステリド錠を服用する方法

プロペシアをはじめとしたフィナステリド錠は、どのようにして服用すればよいのでしょう。

ベストな方法は、AGA治療専門院で処方してもらうことです。

通販で購入する

プロペシアは国内での特許期間を終えているため、安価なジェネリックが販売されています。

また海外製のジェネリックを通販で購入した場合、正規品よりかなり安く購入することが可能です。

ただし、海外とのやりとりには言葉の壁が立ちはだかりますし、日本の商取引習慣が通用しないという問題もあります。

代金を振り込んだのに商品が届かなかったり、粗悪品が送られたりするケースも後を絶ちません。

また、自己判断でフィナステリド錠を服用し、何らかのトラブルが発生してもそれは自己責任となってしまいます。

有効成分が入っていない偽物の可能性もあります。

AGA治療専門院で処方してもらう

個人でフィナステリド錠を輸入したり、個人輸入代理店から購入したりして、トラブルに見舞われた場合、自己責任となってしまいます。

そのため、フィナステリド錠はAGA治療専門のクリニックで処方してもらうのが一番です。

クリニックの料金には、安心料や安全料が含まれていると考えましょう。

ポイント

✔フィナステリド錠を通販で購入するのはおすすめできない

✔フィナステリド錠を自己判断で服用した場合、副作用が起こっても自己責任となる

✔フィナステリド錠はAGA治療専門院で処方してもらうのが安全・安心

まとめ

フィナステリド錠には副作用がありますが、医師の指導のもとで服用すれば、それほど危険な治療薬ではありません。

それどころか、AGA治療にもっともよくつかわれている治療薬の1つでもあります。

当院でもフィナステリド錠を用いてAGA治療に臨んでいるほか、フィナステリド錠とその他の治療を組み合わせ、より高い発毛効果を目指しています。

興味のある方はぜひ無料カウンセリングを受けて頂き、治療費や治療期間についてご相談ください。

お問い合わせ
無料でカウンセリング受付中

この記事に関連する記事