【医師監修】薄毛を予防できる食べ物とは?徹底解説します!

2020.01.31 更新
関連タグ:
新宿AGAメディカルケアクリニック
新宿駅西口から徒歩5分あります。一人一人の患者様に合った最適な治療を完全主治医制や、テーラーメイドの治療戦略や完全返金保証など行なっています。

私たちの身体は食べたものから作られていますが、髪の毛に関しても例外ではありません。

どのような食べ物が健康な髪の毛を育て、どんな食べ物が髪の毛の健全な成長を妨げるのでしょうか。

今回の記事では髪の毛にとってよい食べ物や好ましくない食べ物、それらに含まれる栄養素などについて解説するとともに、薄毛を予防するのに気をつけたいことを紹介したいと思います。

髪の毛の成長にとって必要な栄養素

それでは早速ですが、髪の毛の健全な成長のために必要な栄養素について見ていきたいと思います。

髪の毛を作るケラチン

髪の毛も私たちが食べたものから作られていますが、特に重要な栄養素が髪の毛を作るケラチンです。

ケラチンはたんぱく質の一種で、私たちの髪の毛や爪などを作るのに重要な成分とされています。

頭皮への血行を促進するビタミン類

髪の毛の成長にとって重要な栄養素としては、ビタミン類もあげられます。

中でもビタミンEはエイジングケアにとって欠かすことのできない栄養素とされています。

ビタミンEには高い抗酸化作用があることから、身体を酸化から守ってくれる働きが期待できます。

ビタミンEを多く含有する食品としては、アーモンドをはじめとするナッツ類、ウナギやタラコ、アボカドなどがあげられています。

健康的な髪の毛を育てるためのコラーゲン

コラーゲンはみずみずしいお肌を保つために必要とされる栄養素ですが、髪の毛を美しく保つためにも欠かせない栄養素となっています。

コラーゲンを摂取すると、皮下の水分含有量を増すことが分かっています。

頭皮にとっても乾燥は大敵なので、普段からコラーゲンを摂取するよう心がけましょう。

ポイント

・髪の毛はたんぱく質の一種であるケラチンからできている

・ビタミン類は頭皮環境の改善に役だつ

・コラーゲンには頭皮の保湿効果が期待できる

髪の毛の健全な成長を妨げる食習慣

髪の毛の成長にとって需要な栄養素を知っていただいたところで、次に、髪の毛の健全な成長を妨げる食習慣について解説したいと思います。

脂っこいものを好んで食べる

脂っこいものを好んで食べると、当然のことながら皮脂の分泌量が増大します。

皮脂は私たちの頭皮を守る大事な存在ではあるのですが、あまりにも過剰に分泌されると、頭皮環境を乱す原因となります。

頭皮にはマラセチアという常在菌が棲んでいますが、マラセチアは皮脂をエサとしています。

そのため、皮脂の分泌量が過剰になると、マラセチアが異常に繁殖してしまうのです。

マラセチアの異常繁殖によっておこる皮膚疾患に、脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)と呼ばれる炎症性の疾患があり、男性の薄毛と密接に関わっていると考えられているのです。

また、脂っこい食べ物を好んで摂取していると、動脈硬化が進行してしまいます。

その結果、頭皮への血行が阻害され、髪の毛の成長に悪影響を及ぼします。

ジャンクフードを好んで食べる

ジャンクフードを好んで食べるような場合にも、薄毛のリスクが増してしまいます。

ジャンクフードは小腹の空いたときや、手っ取り早く食事を済ませたいときに便利ですが、身体にとって必要な栄養素が絶対的に不足しています。

栄養というものはバランスよく摂取することが重要で、特定の栄養素ばかり摂取していても、期待するような効果は得られません。

例えば、骨を強くするためにはカルシウムの摂取が欠かせないといいますが、カルシウムの吸収効率をよくするためには、ビタミンDの摂取も必要となります。

ジャンクフードを食べていると炭水化物やたんぱく質は摂取しやすいですが、身体の調子を整えるビタミンやミネラルが絶対的に不足します。

その結果、薄毛のリスクが上昇するというわけなのです。

糖分含有量の多いものを好んで食べる

糖分含有量の多い食べ物を好んでいると、髪の毛の成長に悪影響を及ぼすと考えられています。

私たちが老化する原因として挙げられているのが、「酸化」と「糖化」です。

鉄が酸化すると錆びるように、私たちの身体も酸化することで動脈硬化が進みます。

また、糖化することによって「糖化最終生成物(AGEs)」が体内に蓄積され、やはり動脈硬化を進行させてしまうのです。

アルコールを大量に摂取する

アルコールを大量に摂取することも、髪の毛の健全な成長に悪影響を及ぼすと考えられています。

アルコールには糖分が多く含まれているため、多量に摂取すると身体の糖化が進んでしまいます。

また、アルコールを分解するときに、体内では大量の水分を消費します。

その結果、いわゆる「ドロドロ血液」になってしまい、頭皮に十分な栄養を送ることができなくなるのです。

夜遅い時間に食事をとる

夜遅い時間に食事をとると、消化・吸収に悪影響を与えます。

私たちが寝ている間、体内では活発に細胞分裂が起こっています。

髪の毛も毛母細胞が分裂することで成長するわけです。

ところが、夜遅い時間に食事をとってしまうと、食べたものの消化・吸収にエネルギーが割かれてしまい、結果として髪の毛の健全な成長を妨げるのです。

ポイント

・脂っこい食べ物は動脈硬化のリスクファクターとなる

・糖分を摂りすぎると頭皮や髪の毛の老化が進む

・アルコールや夜遅くの食事も髪の毛の健全な成長に悪影響を及ぼす

髪の毛にとってよい食べ物を教えて!

髪の毛の健全な成長にとって必要な栄養素はわかりましたが、それぞれ具体的にはどんな食品に多く含まれているのでしょう。

良質なたんぱく質を含む食品

髪の毛はたんぱく質の一種であるケラチンから作られるので、良質なたんぱく質を含む食品を摂取するよう心がけましょう。

良質のたんぱく質を含有する食品としては、牡蠣や魚類、肉類や卵、牛乳やチーズなどの乳製品などがあげられています。

身体の調子を整えるミネラル類

飽食の現代ですが、もっとも不足している栄養素の1つとしてあげられているのがミネラル類です。

ミネラルは身体の調子を整えるため欠かすことのできない栄養素で、ビタミンとともに3大栄養素に加え、5大栄養素とも呼ばれています。

ミネラルを多く含む食品は野菜全般と果物です。

特に現代人は野菜の摂取量が足りないとされており、厚生労働省では毎日350gの野菜を摂取するよう推奨しています。

どうしても食品から補えない分は、サプリメントなどを利用するとよいでしょう。

ポリフェノールを含む食品

ポリフェノールはアンチエイジングの分野で注目されている栄養素ですが、ほとんどの植物にはポリフェノールが含まれています。

植物が成長するためには水と栄養、そして日光が欠かせません。

ただ、日光を浴びるということは、有害な紫外線を浴びるということでもあります。

そこで植物は自ら抗酸化作用のあるポリフェノールを生成し、紫外線の害悪からその実を守っているのです。

植物に含まれている紫外線は、それを摂取した我々にも恩恵を与えてくれます。

ただ、その効果は長持ちしないので、毎日ポリフェノールを摂取することが重要です。

ポイント

・良質なたんぱく質の摂取によって健康な髪の毛が育つ

・ミネラルで髪の毛の育つ土壌を整える

・ポリフェノールで頭皮や髪の毛の老化を予防できる

薄毛予防のために気をつけたいこと

薄毛を予防するためには、食事以外のことにも注意する必要があります。

なぜなら、薄毛は様々なリスクファクターが密接に絡み合った結果としておこるものだからです。

生活習慣を改善する

薄毛を予防するためには、生活習慣を改善することが重要です。

特に過労や睡眠不足、仕事上のトラブルとった心身へのストレスがあると、自律神経のバランスが乱れ、髪の毛の健全な成長に悪影響を及ぼしてしまいます。

可能であれば1日の終わりに入浴して心身共にリラックスし、良質な睡眠をとるよう心がけましょう。

正しいヘアケアで頭皮環境を良好に保つ

薄毛を予防するためには、正しいヘアケアも重要となります。

特に市販のシャンプーを使って洗髪していると、かえって頭皮環境を悪化させる可能性があります。

なぜなら、市販のシャンプーはそもそもヘアケアを目的としておらず、頭皮や髪の毛の洗浄のみを目的としているがあり、そのため、頭皮や髪の毛にとって有害な洗浄成分が含まれています。

ヘアケア目的の場合、育毛用のシャンプーを利用するとよいでしょう。

当院でもヘアケア用のシャンプー薬をリーズナブルな価格で提供しています。

育毛剤を使って将来の薄毛を予防する

将来の薄毛を予防したい場合や、まだそれほど薄毛が進行していない場合、育毛剤を利用するのが効果的です。

育毛剤には髪の毛の成長に有益な成分が多く含まれているだけでなく副作用の心配がほとんどありません。

薄毛治療専門のクリニックで相談する

抜け毛の状態がひどい場合や、頭皮が透けて見え始めた場合、育毛剤や育毛サロンの施術では追いつかないかもしれません。

そのようなときには、薄毛治療専門のクリニックで相談するとよいでしょう。

当院でもカウンセリングを無料でおこなっておりますので、どんな悩みでもお気軽にご相談ください。

ポイント

・生活習慣の改善で抜け毛のリスクを低下させられる

・将来の薄毛を予防するのであれば育毛剤も効果的

・ある程度薄毛が進行したら専門のクリニックを受診するのがおすすめ

まとめ

薄毛になる原因は実に様々ですが、食べ物もリスクファクターの1つとなり得ます。

特に男性の薄毛は進行型のケースが多いので、抜け毛が気になり始めたらなるべく早めに対策を講じましょう。

特定の食品を食べたから抜け毛が止まるというわけではありませんが、バランスの取れた食事を意識することで、抜け毛の進行を遅らせることが期待できます。

どんな食事にしていいか分からないという方や、実際に薄毛が気になり始めたという方は、一度、当院の無料カウンセリングを受けてみてください。

きっとあなたの疑問に答えられると思います。

お問い合わせ
無料でカウンセリング受付中

この記事に関連する記事