【医師監修】AGAは治療したら治るの?治療方法と治療効果について

2019.08.01 更新
カテゴリ:
関連タグ:
新宿AGAメディカルケアクリニック
新宿駅西口から徒歩5分あります。一人一人の患者様に合った最適な治療を完全主治医制や、テーラーメイドの治療戦略や完全返金保証など行なっています。

AGAという言葉は現在、多くの人に知られるようになり、AGA治療を受けられる方も年々増加傾向にあります。

そんな方が疑問に思われるのが、「AGAは本当に治るのか?」ということです。

そこで今回は、AGAの特徴について知ることで、AGAが治るのかどうかを解説したいと思います。

またAGA治療の必要性や、AGAの予防法も紹介します。

— 目次 —

AGAってどんな病気なの?

AGAは英語の「Androgenetic Alopecia」の頭文字を取ったもので、日本では男性型脱毛症と呼ばれています。

AGAの治療は病院やクリニックでできる時代となっており、多くの方がAGA治療薬専門のクリニックを受診しています。

AGAの特徴は、頭頂部や前頭部の髪の毛が薄くなるということです。

いわゆるM字ハゲやつむじハゲというのが、AGAに特有のハゲ方です。

ポイント

✔AGAは男性型脱毛症のこと

✔AGAの治療は病院やクリニックで受けられる

✔AGAになると頭頂部や前頭部の髪の毛が薄くなる

AGAって治療してたら治るの?

AGAの治療を検討している人にとって気になるのが、「AGAは本当に治るのか?」ということだと思います。

その辺りの事情について見ていきたいと思います。

根本的な解決は難しい

結論から言うと、AGAを根本的に解決することは難しいです。

なにをもって「治る」とするのかにもよるのですが、一生ハゲや薄毛に悩まされないことを治ると定義するのであれば、そのようなことは不可能です。

そもそも男性型脱毛症は、「思春期以降に見られ、徐々に進行する脱毛症」と定義されています。

進行する脱毛症である以上、根本的に解決することは困難なのです。

治療によって薄毛状態を改善することは可能

AGAを根本的に解決することは困難ですが、治療によって薄毛状態を改善することは可能です。

毛根が死んでいる場合はともかく、休んでいるだけなら治療によってふたたび髪の毛を生えさせることが期待できます。

髪の毛が生えてから抜け落ちるまでの周期をヘアサイクルといいます。

人間の髪の毛はおよそ10万本あるといわれていますが、その1本1本につきヘアサイクルが異なっています。

そのため、一斉に髪の毛が抜けおちるようなことがないのです。

正常なヘアサイクルは4年から6年周期とされていますが、AGAを発症するとヘアサイクルが半年から1年に短縮されます。

https://will-agaclinic.com/about-aga/

通常、ヘアサイクルは1つの毛根につき40回とされています。

そのため、ヘアサイクルの短い状態が続くと、ヘアサイクルを終えた毛根が増え、結果として薄毛が進行するのです。

AGA治療をおこなうことによって、ヘアサイクルを正常化させることができれば、薄毛状態も改善することが可能です。

ポイント

✔AGAを根本的に解決することは難しい

✔薄毛状態を改善することは可能

✔AGAの改善にはヘアサイクルを正常化させることが重要

AGA治療が必要な理由

AGA治療はなるべく早めにスタートすることが重要です。

ではなぜ早期のAGA治療が必要とされるのでしょうか。

AGAが進行型であるため

AGA治療が必要な最大の理由が、AGAが進行型であるためです。

AGAを発症した場合、早かれ遅かれいつかはハゲてしまいます。

ただ、適切な治療をおこなうことによって、AGAの進行を遅らせることが可能となります。

また、毛根の活動が休止しているだけであれば、治療によってふたたび髪の毛を生えさせることが期待できます。

AGAは思春期以降に起こるため、抜け毛の量が増えたり、地肌が透けて見えたりした場合、なるべく早めに治療を受けることが重要なのです。

AGAによる薄毛が不可逆性であるため

AGA治療が必要な理由としては、AGAによる薄毛が不可逆性であるためです。

不可逆性とは、簡単にいうと元に戻らないということです。

例えば、円形脱毛症の場合、その多くは治療によって髪の毛の状態を元に戻すことが可能です。

ところがAGAの場合はそうではないのです。

仮に30才でAGAの治療をはじめ、40才で治療を中断したとします。

その場合、治療開始時の毛量に戻るのではなく、治療をしていなかった場合の40才の毛量になるのです。

そのため、AGAの治療は継続することが重要なのです。

ポイント

✔AGAは進行型の脱毛症

✔AGAの治療を中断すると元に戻ってしまう

✔抜け毛の量が増えたり地肌が透けて見えたりしたら要注意

おすすめのAGAの治療法を紹介

ここまでの解説で、AGA治療の必要性についてご理解頂けたことと思います。

では、AGAの治療法にはどのような方法があるのでしょう。

内服治療

AGA治療としてもっともポピュラーなのが、AGA治療薬の内服治療です。

治療薬としては、以下のようなものがあげられています。

プロペシア

プロペシアはAGA治療の代表的な治療薬で、有効成分としてフィナステリドを含んでいます。

フィナステリドには、抜け毛のリスクファクターであるジヒドロテストステロンの産生を抑える働きがあります。

ジヒドロテストステロンは男児の外生殖器の成長に不可欠なホルモンなのですが、思春期以降にはニキビや吹き出物、皮脂やAGAのリスクファクターとなるのです。

ザガーロ

ザガーロには有効成分としてデュタステリドが配合されていますが、デュタステリドにもフィナステリド同様、ジヒドロテストステロンの産生を抑制する働きがあります。

ただし、プロペシアやザガーロには男性機能低下の副作用があるため、医師の指導を受けながら服用することが大切です。

ミノキシジル

ミノキシジルには血管を拡張し、血液の循環を促進する働きがあります。

血液は全身に酸素や栄養、白血球などを運んでいますが、頭皮への血流を促進することで、髪の毛の健全な成長を促すことが可能となります。

当院では内服タイプのミノキシジルと、頭皮に塗布するミノキシジル配合の外用薬を療法用いて、効果的にAGAの改善を目指しています。

内服タイプのミノキシジルは血液中に有効成分が溶け出すため、全身の血行を促進することが可能となります。

そのため、塗り薬タイプのミノキシジルよりも高い発毛効果が期待できるのです。

ただし、内服タイプのミノキシジルには、心臓への負担を増すという副作用の可能性があります。

やはり医師の指導下で服用することが大切です。

外用薬

当院ではミノキシジルを配合した外用薬も用いています。

頭皮に塗布することによって、局所の血流を促進することが可能となります。

また、ミノキシジルはプロペシアやザガーロと併用することも可能です。

ミノキシジルは、プロペシアやザガーロとは作用機序が異なるため、違った方向から発毛にアプローチできるのです。

塗り薬タイプのミノキシジルにはほとんど副作用のリスクがありませんが、人によっては頭皮の痒み(かゆみ)や赤みを訴えるケースもあります。

発毛メソセラピー

発毛メソセラピーは、頭皮下に髪の毛の成長因子(グロースファクター)を直接注入する治療法です。

髪の毛の成長を助ける成分を直接注入することで、高い発毛効果が期待できます。

シャンプー薬

当院ではシャンプー薬を用いたヘアケアも推奨しています。

なぜなら、AGA治療と同じくらい、自宅でのヘアケアが重要だからです。

植毛

植毛もAGA治療の手段として用いられます。

主に後頭部の毛根を気になる場所に移植します。

当院は発毛治療専門のクリニックなので、植毛はおこなっていませんが、植毛治療が専門の最大手植毛クリニックと提携しておりますので、患者様がご希望すればご紹介が可能です。

ポイント

✔AGA治療のポピュラーな方法は投薬治療

✔薄毛治療専門のクリニックでは発毛メソセラピーもおこなっている

✔AGAを改善するためには自宅でのヘアケアも重要

AGAを予防する方法

AGAの治療法に関しては分かりましたが、AGAにならずに済めばそれに越したことはありません。

では、AGAを予防するためにはどうしたらいいのでしょうか。

専門のクリニックを受診する

AGAを予防するのであれば、AGA治療専門のクリニックを受診するのが一番です。

当院のようなAGA治療専門のクリニックでは、頭皮や毛髪の状態をチェックし、的確な予防法を指導しています。

ポイント

✔専門のクリニックを受診する

✔専門のクリニックでは治療だけでなく薄毛予防のアドバイスも受けられる

まとめ

AGAは進行型の脱毛症であるため、発症したら速やかに治療を受けることが重要です。

今は専門のクリニックで治療を受けられるので、早めのケアで薄毛を回避する可能性が高くなります。

当院では初診料や再診料、血液検査やカウンセリングを無料でおこなっています。

薄毛が気になり始めたら、まずは無料カウンセリングを受けてみてください。

お問い合わせ
無料でカウンセリング受付中

この記事に関連する記事