【医師監修】AGAの対策どうすればいいの?効果的でおすすめの治療法を紹介!

2019.08.01 更新
カテゴリ:
関連タグ:
新宿AGAメディカルケアクリニック
新宿駅西口から徒歩5分あります。一人一人の患者様に合った最適な治療を完全主治医制や、テーラーメイドの治療戦略や完全返金保証など行なっています。

男性にとって悩みの1つが髪の毛の量ですよね。

若いうちは気にしたこともなかったのに、いつの間にか地肌が透けていることに気づき、ぞっとしたという方もいらっしゃることと思います。

男性に見られる代表的な薄毛がAGAですが、いったい何なのでしょう。

今回はAGAやその他の薄毛について解説するとともに、薄毛への対策法も紹介したいと思います。

— 目次 —

気になるAGAについて解説!

AGA対策をしようにも、そもそもAGAが何なのかを知らないと、対策の使用もありませんよね。

そこで始めにAGAとは何なのか、また AGAの特徴について解説したいと思います。

男性型脱毛症

AGAは英語の「Androgenetic Alopecia」の頭文字を取ったもので、日本では男性型脱毛症と呼ばれています。

「Androgenetic」には 「男性ホルモン由来の」という意味があることからも分かるように、男性型脱毛症と男性ホルモンには密接な関係があります。

AGAの特徴

AGAの特徴について知るためには、日本皮膚科学会の策定する「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」を紐解く必要があります。

同ガイドラインによると、AGAは「思春期以降に始まり、徐々に進行する脱毛症」と定義されています。

男性の薄毛というと中年期以降に発症するものというイメージがあるかも知れません。

実際には思春期以降に始まるということなので、10代の後半や20代の前半であってもAGAを発症するリスクはあるということです。

AGAのもう1つの特徴が 「進行型」であるという点です。

そのため、AGAを発症してから何も対策を講じないと、薄毛は徐々にかつ確実に進行することとなります。

AGAの進行スピードは人それぞれです。

なぜなら、AGAは1つの原因だけでなく、 いろんな要素が絡み合って起こるからです。

リスクファクターが多ければ多いほど、AGAの進行も早まることとなります。

ポイント

✔AGAは進行型の脱毛症

✔AGAの原因は、人によって様々な要因がある

そもそもAGAの原因って何?遺伝って関係あるの?

AGAについて簡単にですが知って頂いたところで、次に AGAの原因について見ていきたいと思います。

AGAの原因としては、おもに以下のようなことがあげられています。

遺伝

AGAの原因としてよくあげられているのが遺伝です。

皆さんの中にも、「父型が薄毛なので不安」だとか、「母型の祖父が薄毛だから自分も薄毛になるのでは?」とお悩みの方がいらっしゃることと思います。

薄毛全体で見た場合、かなりの数の方が遺伝によって薄毛になります。

ご家族の中に薄毛のヒトがいるかどうかがAGAのリスクファクターとして重要です。

自律神経の乱れ

体調がすぐれずに病院に行き、いろいろ検査をしたけど原因が分からないときによく「自律神経失調症ですね」などと言われることがありますが、実は自律神経失調症は病名ではありません。

私たちの生命活動は自律神経によって制御されているので、何らかの変調が見られる時に、自律神経のバランスが乱れているのは当たり前のことなのです。

自律神経のバランスが乱れると、血管が収縮して血行を悪くしてしまいます。

血行が悪くなった場所には、栄養状態の低下が見られることとなります。

つまり、何らかの変調が現れている場所には、すべからく血行不良が起こっていると言えるのです。

仮に頭皮への血流が滞った場合、髪の毛の成長を阻害し、薄毛になるリスクが高くなる訳です。

食習慣

食習慣もAGAのリスクファクターとなります。

特に脂っこいものを好んで食べると、脂漏性皮膚炎を発症し、それがAGAにつながるケースもあります。

またコンビニ弁当やラーメン、ジャンクフードなどを好んで食べていると、髪の毛の成長にとって必要な ビタミンやミネラルが不足します。

その結果、AGAを発症するリスクが高まるのです。

ポイント

✔遺伝によって薄毛のリスクが異なる

✔栄養状態が低いとAGAになりやすい

✔日頃の食生活の改善も見直す必要がある

【重要】AGA・薄毛の種類について

男性によく見られるタイプの薄毛がAGAですが、それ以外にも 薄毛の種類はあります。

では男性に見られるAGA以外の薄毛にはどのようなものがあるのでしょう。

脂漏性脱毛症

脂漏性脱毛症は、脂漏性皮膚炎にともなう脱毛症です。

脂漏性皮膚炎は皮脂の分泌量が多い頭皮や鼻の両脇、わきの下や背中などに起こりやすい皮膚疾患です。

私たちの皮膚には常在菌が住んでいますが、中でもマラセチアという真菌の一種は皮脂をエサとして繁殖します。

そのため皮脂が過剰に分泌されると、マラセチアが異常繁殖して頭皮環境を悪化させるのです。

頭皮は身体の中でも皮脂の分泌量が多い場所なので、脂漏性皮膚炎になりやすいとされています。

そして、脂漏性皮膚炎とAGAには 密接な関係があると指摘されています。

粃糠性脱毛症

粃糠性脱毛症(ひこうせいだつもうしょう)は男女ともに見られるタイプの脱毛症で、本来であれば剥がれおちるはずのフケが毛穴に詰まり、 周囲に炎症を起こすことで抜け毛の量が増えます。

粃糠性脱毛症の原因としては、肌質に合わないシャンプー、パーマやヘアァラーによるダメージ、自律神経やホルモンバランスの乱れ、過度のダイエットなどがあげられています。

牽引性脱毛症

牽引性脱毛症はどちらかといえば女性に多く見られる脱毛症ですが、男性であっても牽引性脱毛症を発症するリスクはあります。

いつも同じところで髪の毛を分けていたり、同じ場所で髪の毛を結んでいたりすると、その牽引力によって 血行不良が起こり、抜け毛のリスクが高くなります。

必ずしも引っ張られることそのものが原因で抜ける訳ではありません。

ポイント

✔脂漏性脱毛症は、AGAと密接な関係がある

✔粃糠性脱毛症は、男女に見られる脱毛症の一つ

✔牽引性脱毛症は、比較的女性に多い脱毛症

AGA・薄毛におすすめの対策法について

ここまでの解説で、AGAの原因や特徴、その他の脱毛症に関して知って頂けたことと思います。

ではAGAや薄毛に おすすめの対策法を紹介したいと思います。

育毛サロンで施術を受ける

AGAや薄毛の対策法としては、育毛サロンで施術を受ける方もいらっしゃると思います。

育毛サロンでは天然由来の育毛成分などを用いた頭皮マッサージをおこない、頭皮環境の改善を目指します。

育毛サロンのメリットとしては、頭皮環境を整えたりする効果があるということがあげられます。

一方、 必ず発毛するわけではないというデメリットもあります。

なぜなら、育毛サロンのスタッフは医師ではないからです。

そのため、「治る」や「発毛」という文言を使うことも禁じられています。

育毛剤や発毛剤を利用する

AGAや薄毛に対しては、育毛剤や発毛剤を利用するという手があります。

特に薄毛がそれほど進行していない場合は育毛剤の利用する方もいるかと思います。

また育毛剤は、アレルギー反応などを除けば、副作用の心配がほとんどありません。

育毛シャンプーを併用すると、より高い効果が期待できます。

ただし、ある程度進行してしまった薄毛に対しては 「焼け石に水」となりかねません。

ある程度進行してしまった薄毛に対しては、発毛剤を利用するのがおすすめです。

ただ発毛剤の中には医療医薬品も含まれており、そのような発毛剤を利用したい場合、薄毛治療専門のクリニックを受診する必要があります。

食習慣を見直す

食習慣の見直しもAGAや薄毛を改善するためには重要です。

育毛サロンで施術を受けたり、AGA治療専門クリニックを受診したりすれば、あとは何も気にしなくていいという訳ではありません。

髪の毛も食べたものによって出来ていますし、偏った食生活をしていると、髪の毛の成長にとって 十分な栄養を得ることができません。

ストレスを発散する

AGAや薄毛に限らず、 ストレスは万病のもとです。

適度にストレスを発散して、心身を健全な状態に保つことが重要です。

AGA治療専門クリニックを受診する

確実に発毛効果を求めたいのであれば、AGA治療専門クリニックを受信するのが一番です。

AGA治療専門クリニックには、AGAや薄毛に関するプロフェッショナルが在籍しており、1人1人に合ったオーダーメイドの治療を提供しています。

特に当院はAGA治療専門クリニックとしては珍しく、完全主治医制を導入しています。

同じ医師が責任を持って1人1人の患者さんを診ることで、発毛効果を高めているのです。

ポイント

✔AGA・薄毛を対策するなら専門薄毛クリニックで診察してもらう

✔日々の生活習慣を見直すことも重要

無料カウンセリングはこちら

まとめ

AGAは進行型の脱毛症であるため、早期の治療が欠かせません。

ただAGA治療にかかる費用が心配だという方もいらっしゃることと思います。

当院では初診料や再診療を頂いておらず、カウンセリングや血液検査も無料でおこなっております。

なぜなら、少しでもAGA治療に対するハードルを下げたいからです。

その上で、患者さんのご予算に応じた治療プランを提案しています。

まずは無料カウンセリングで、あなたのお悩みをお聞かせください。

お問い合わせ
無料でカウンセリング受付中

この記事に関連する記事